外国人の女性技能実習生が妊娠した時にその対応はどうなるのでしょうか

新聞記事で、外国人の技能実習生が妊娠した際に、強制帰国あるいは中絶を強要されているとありました。
あるベトナム女性は、来日一ヵ月で妊娠が分かり、帰国あるいは中絶を要求されたとのことです。
この女性は、教会のシスターの手助けにより逃亡することができたのですが、どこへ逃亡したのか、逃亡後どうなったのかについては記載がありませんでした。
このような妊娠女性実習生の待遇は、ほぼ一般化されているようで人権侵害であり、国会でも違法であるとの政府見解が出ているようです。
確かに、人権侵害であり違法であると誰もが思うのではないでしょうか。
しかし、雇う側として考えてみると、ではどうするのかという答えが出てこないようにも思います。
人権侵害、違法というのは簡単でしょうが、どうするのかをもっと議論していかなければ、この問題は解決しそうもありません。
入国した女性と生まれてくる子供を受け入れ側の会社のみで、その生活を保障するのはほぼ困難なように思えます。
先のベトナム女性は、入国にあたり約100万円を借金しているそうで、さらに病気の母親の治療費を賄うべく技能実習生とて入国したようです。
明らかに誰かの援助がなければ生活はおぼつかないでしょう。
やはり、日本と技能実習生を出した国の両国で何らかの生活保障をしてあげるしかないように思います。
もっと議論されていい結果が出ることを望みます。全身脱毛 ランキング